Weiss Ratingsの仮想通貨格付け:複数通貨の評価格下げでリップル(XRP)が初の最高評価を獲得

Weiss Ratingsの仮想通貨格付け:複数通貨の評価格下げでリップル(XRP)が初の最高評価を獲得
リップル(XRP)が初の最高評価

米格付け機関Weiss Ratingsが仮想通貨の最新評価を更新。多くの通貨が格下げされる中、XRPが初の最高評価に。同率1位には、EOSとADAが名を連ねている。

1971年創業で、株式や金融機関、仮想通貨などの格付けを行う世界有数の米格付け企業Weiss Ratingsは、今年に入り仮想通貨の格付けを開始、その後定期的に配信を行なっています。

同社が提供する最新格付け評価では、多くの通貨評価が格下げされ、前回までの最高評価「B」が格付け表からなくなりました。

格下げの影響を受け、XRP・EOS・Cardano(ADA)が仮想通貨格付けの中の最高評価である「B-」を獲得しています。

EOSとADAは、今回評価格下げ対象となった通貨となりますが、XRPは過去に同格付け企業の評価で最高ランクを獲得した経歴はなく、今回初めてその地位に位置することになります。

格付けについて

格付け基準

  1. 価格リスク指数
  2. 投資リターンのポテンシャル
  3. ブロックチェーン技術
  4. 通貨の採用状況
  5. セキュリティ
  6. その他の要因

格付け評価

A = Excellent

B = Good

C = Fair

D = Weak

E = Very Weak

同社が公開する格付け基準でのBランクは、Goodに該当。高評価であるとされています。

最新格付け評価

並びは時価総額順。格下げされた通貨は赤文字で表記。

プロジェクト名 最新評価 前回評価
Bitcoin

特徴

C+

C+

Ethereum

特徴

C+

B-

XRP

特徴

B-

B-

Bitcoin Cash

特徴

D+

C-

EOS

特徴

B-

B

Stellar

特徴

C+

B-

Litecoin

特徴

C

C+

Cardano

特徴

B-

B

Monero

特徴

C

C

IOTA

特徴

C

NEW

TRON

特徴

C+

C+

Ethereum Classic

特徴

C+

C+

Dash

特徴

C

C

NEO

特徴

C+

B-

NEM

特徴

C

C+

Tezos

特徴

C

C

Zcash

特徴

C

C

Lisk

特徴

C

C

Ontology

特徴

C

C

Qtum

特徴

C-

C-

Bitcoin Gold

特徴

D

D

Bytecoin

特徴

D+

C-

Decred

特徴

C+

C+

Zilliqa

特徴

C-

C-

BitShares

特徴

C+

B-

Weiss RatingsがXRPの評価見直し

今回は、「Weiss Ratings」の格付けの中で、リップル(XRP)が初の最高評価となりました。

Weiss Ratings社は先日、投資家のC3|Nik氏(@C3_Nik)が「世界有数の仮想通貨取引所Binanceにて、XRPを基盤通貨として採用されるべきだ」と主張、大きな反響を呼んだことを受け、公式ツイッターでXRPの基軸通貨案に賛同。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

「XRPは、取引所間の資産移動を最も迅速に行うことができるデジタル資産である」などと言及するなど、初回レーティング時におけるXRPの低評価「C」を一新、直近では高評価しています。

CoinPostの関連記事

2018-08-13 08:52
2018-08-20 15:35

Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost
Weiss Ratingsの仮想通貨格付け:複数通貨の評価格下げでリップル(XRP)が初の最高評価を獲得