リップル(XRP)は二つの抵抗線に抑えられた形で3月以降の底値に、今後の価格変動はどうなる?-3月16日チャート分析

仮想通貨リップル(XRP)は移動平均線及び下降トレンドラインの強い圧力を受けながら一気に下落XRP/BTCの4時間足チャートを見ていきます。3月13日に大陽線を形成したXRPは一時上値を0.0000838BTC台まで伸ばす動きを見せましたが、反発も強くその半値以上をすぐに戻す形となり、ローソク足には長い上ヒゲが伴うことになりました。
また大陽線形成以降のXRPは20日移動平均線及び、3月以降から形成される下降トレンドラインに抑えられた形で下降チャートを形成することになります。

本日3月16日のXRPは既に3月以降の底値価格帯で値動きを見せており、3月13日時点の上昇分を全て戻した形となっています。大きく反発を受けているXRPは今後サポートラインとなる0.0000791BTC台でサポートされるのか注目です。

3月13日の大陽線形成以降、移動平均線及び下降トレンドラインに抑…
Source: コイン東京[cointokyo]
リップル(XRP)は二つの抵抗線に抑えられた形で3月以降の底値に、今後の価格変動はどうなる?-3月16日チャート分析