中国政府高官を標的とした暗号ランサムウェアが検出、北朝鮮ハッカーとおぼしき手掛かり

中国政府高官がランサムウェア攻撃に直面国家ネットワーク情報セキュリティ情報センターは、ランサムウェアを含む電子メールによる、政府部門のWebサイトを標的とする海外ハッカーを特定したことを発表しました。

ランサムウェアは、「3月11日午後3時に警察に通報する必要があります」という件名の電子メールで配信されました。電子メールには、バージョン5.2のGandcrabマルウェアが添付されました。

これは、侵入先のコンピュータでファイルを暗号化し、それらを復号化するための支払いを要求する、世界で最も蔓延しているランサムウェアウイルスです。コンピュータがGandcrabV5.2マルウェアを実行すると、ハードドライブ上のファイルは暗号化されます。
その後、被害者はTorブラウザ(匿名ネットワーク)をダウンロードし、Torの攻撃者のデジタル通貨支払いウィンドウにログインし、暗号通貨で身…
Source: コイン東京[cointokyo]
中国政府高官を標的とした暗号ランサムウェアが検出、北朝鮮ハッカーとおぼしき手掛かり