世界最大級の資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンクCEO「向こう12ヶ月間の世界的な景気後退の兆候はない」-仮想通貨ニュース

12ヶ月間の世界的な景気後退の兆候世界最大級の資産運用会社を率いるフィンク氏は、以下のように述べています;

「今後12ヶ月間に世界的な景気後退の兆候は見られない。2018年の第4四半期が弱かったため、中央銀行は殊更に金融政策を緩めた。今後は、物事が素晴らしくはないが悪くもない段階を経験するだろう。」

「しかし、勿論、経済成長サイクルの後期フェーズにある。」と同氏は付け加えました。

国際通貨基金(IMF)は今月、2019年の世界経済の成長見通しを下方修正しました。2019年の経済成長率(実質GDP成長率)3.3%は、2010年の5.4%以来、最も低い水準に予想されています。IMFは、米国と中国間の貿易紛争と「英国議会内の合意」なき離脱に関するリスク等、多くの国における政策の不確実性の高まりを指摘して、成長はさらにっ鈍化する可能性があると述べました。

ブラックロッ…
Source: コイン東京[cointokyo]
世界最大級の資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンクCEO「向こう12ヶ月間の世界的な景気後退の兆候はない」-仮想通貨ニュース

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で